LOG IN

じっと待つ

by あじさいすきお

じっと静かに土曜日を待っている。

野球は何が起こるかわからない。何が起こっても、もう全てを受け止める心の準備はできている、と思える。明鏡止水とまではいかないが、一時的に欲を持たなくなった。

もしああなったらとか、こういう展開になったらとか、良いも悪いも一切口には出していない。頭を過っても、なるべく逸らすようにしている。

何を思ったところで、起こるのは実際の出来事だけ。一投一打が勝負のすべて、まさにその通りだと思う。それを相手にぶつける姿を応援する、本当に単純な話だ。

ここまで来た。この感情もいつかは記憶から消えるのだろうか。不思議だ。ありがとうな本当に、ここまで来てくれて。

2年前はどんな感情でいたんだろう。半分、いや7割方すでに満たされていたような気がしないでもない。そりゃあ当時はそうだった。それでもいざ試合が始まれば、いつもの倍くらい喜んだり悔しがったりしていた。

OTHER SNAPS